いとうクルーのブログ

株式会社いとうの社員ブログです。 長野市・上田市・松本市・南箕輪村・文京区本郷、それぞれの地域の社員が日替わりで更新します! お楽しみに(*^^)v

iPad

iOSでプッシュ通知付き独自ドメインメール利用方法

たかむらです。

プロバイダから提供されているメールアドレスや、別途取得した独自ドメインのメールアドレスをiPhoneやiPadで使う場合、パソコンのメールソフト同様15分おきとか1時間おきにメールサーバにメールが来ているかどうかチェックする設定(フェッチ)しかできません。

この方法には大きな欠点が2つあります。

1つ目は「メールが来たことを即座に知る事ができない」こと。
2つ目は頻繁にメールチェックする設定にするとバッテリがすぐに無くなってしまうことがあげられます。

これらの欠点をカバーするにはどうしてもプッシュ通知サービスを提供しているメールサービスを利用するしかありません。

有料サービスのGoogeAppsがそれにあたります。しかし1アカウントが月額500円(年額6000円)しますので、自社メールサーバの運用を気軽にGoogleに移せない組織も多いことでしょう。

そう言う場合にこんな回避方法があります。
------------------------

【1】
iOSでプッシュ通知に対応したOutlook.comを使うのです。
まずはじめにOutlook.comでメールアカウントをひとつ作ります。ドメイン名は@outlook.com/@outlook.jpのどちらか。

説明の都合上ここでは

hoge@outlook.com

としておきましょう。(このメールアドレスを取得しようと思っても既に割り当てられていました。実在するようです。)

Webブラウザで http://outlook.com/ に行って hoge@outlook.comでログインします。

右上の歯車のアイコンをクリックし「オプション」を選択します。

「アカウント管理」の「メールアカウント」をクリック。
「送信専用メールアカウントの追加」をクリック。
ここで、相手に届くメールに表示されるFromアドレスを入力します。
たかむらでしたら 「高村和則 takamura@itoh.co.jp」 と表示されるようになって欲しいので

名前:高村和則
メールアドレス:takamura@itoh.co.jp
パスワード:ほげほげ・・・

このあと「詳細オプション」をクリック。

送信(SMTP)サーバ情報の入力です。
Outlook.comのSMTPサーバを利用してメール送信する事も可能ですが、この頃は迷惑メール対策の為メールサーバの信用度によりメール受付拒否をする組織もあります。その為ここはプロバイダから提供されたsmtp-auth情報を入力しプロバイダのsmtpサーバを使ってメール送信することにします。

サーバのアドレス: smtp.hogehoge.com ポート:587
SSL/TLSの有無
smtp-auth id: id
smtp-auth password: hogehoge

次へをクリックするとsmtpサーバの設定を確認しにいきます。

受信トレイに一度戻り、再度右上の歯車アイコンから「オプション」を選択。
先程と同じように
「アカウント管理」の「メールアカウント」をクリック。

ここで既に先程作成した送信専用の takamura@itoh.co.jp が「追加済みのメールアカウント」として表示されている筈です。

一番下にある「規定の”差出人”アドレス」「高村和則(takamura@itoh.co.jp)」に変更して受信トレイに戻って下さい。
ここ大事なポイントです。
かつてGmailにもこの設定がありました。PCのWebブラウザでGmailを使うと受取手にはFromがちゃんと変更後のアドレスになっていましたが、iPhone/iPadではこの設定は反映されませんでした。

------------------------

【2】
次に takamura@itoh.co.jpを収容しているメールサーバ側で takamura@itoh.co.jp 宛に来たメールを hoge@outlook.com に転送するように設定しておけば取りあえず設定終了です。

------------------------

【3】
最後にiPhone/iPadのメール設定です。

「設定」-->「メール/連絡先/カレンダー」をタップ。
「アカウントを追加」をタップし「Outlook.com」を選んで下さい。

メール:hoge@outlook.com(outlook.comで取得したアドレスを指定して下さい。)
パスワード: ほげほげ
説明: takamura@itoh.co.jp(Outlook.com経由)

これを入力して「次へ」をタップしiOSで必要な「メール」「連絡先」をONにして終了です。

「データの取得方法」はデフォルトで「プッシュ」になっている筈です。

「通知センター」の設定も見ておきます。
「通知センター」内の「メール」をタップすると下部に先程設定した「takamura@itoh.co.jp(Outlook.com経由)が居るはずです。それをタップします。

「バナー・アイコンバッジ表示」「ロック画面に表示」「プレビュー表示」をON。
「通知音」を何か決めておけば、takamura@itoh.co.jp宛にメールが届けばすぐに通知音が鳴りますし、iPhoneのメールアプリで送信すると受取手には「From: takamura@itoh.co.jp」から来たメールとして表示されます。

めでたしめでたし。

iPhone/iPadにプッシュ通知してくれるメールサービス

たかむらです。

会社ドメインのメールはGoogleAppsだったので気にして居なかったのですが、Gmailは既にiPhone/iPadへのプッシュ通知はできなくなっているのですね。(今ごろすみません。昨年2013年1月末でExchange終了してました。)

となるとケータイキャリアメールアドレス不要論を唱えている高村さんとしては、プッシュ通知のできるオススメメールサービスの紹介をしておかねばなりません。

現状ですとiPhoneにプッシュ通知できるのは以下のものがあります。

【有料】
GoogleApps(・独自ドメインのみ利用可能)
これは有料なのでお仕事に使うには安心ですが、個人利用には向かないでしょう。

【無料】
iCloud(@icloud.com/@me.comなど)
Outlook.com(独自ドメイン利用もできる @outlook.com/@outlook.jpなど)
Yahoo!メール(@yahoo.co.jp)

といったところがほぼリアルタイムでメール着信をお知らせしてくれます。
ケータイキャリアメールと置き換えて利用しても何の問題もありません。

iCloud/Outlook.com/Yahooと並べてみましたが、

iCloudは無料で5GBのストレージがついていますが、メールもこの中に含まれます。
iPhoneやiPadのバックアップにも使われますのですぐにイッパイになって追加ストレージを購入しなければなりませんし、迷惑メール選り分け性能は未知数・・・。

Yahooは個人的にあまりスキではありません。(笑)

というわけで独断と偏見でこの中オススメはやはりOutlook.comでしょうか。
Outlook.comのメールストレージ容量は以下の様に書かれていますので容量制限はあるような無いようなです。

-----

Microsoft Outlook.com には、必要に応じて記憶域スペースが拡張されるメール ストレージが用意されています。受信トレイの容量は、より多くの領域が必要になったときに自動的に増加します。

-----

クラウドビジネス活用セミナー第四回

こんばんは。東京営業所Kです。

昨日は我が東京営業所で、第四回のセミナーを開催しました。

松本支店で行ったものと同じ内容です。

今回は4社5名様に来社頂き、実際にクラウドサービスと業務の連携について
お話させて頂きました。

と、言っても私は司会進行役なので、、、、、

IMGP1403
 
こんなふうにセミナー中は立ちっぱなしです。
私の出番はそんなに多くないのですが、案内役の話の流れを聞きながら、
伝え漏れが無いかチェックしたり、
話が横にそれたらここまで話しましたよって教えたり、
目の前に大きく投影するプロジェクタと手元を写す物の切り替えをしたりしています(笑)

なぜ(笑)なのかと言うと、案内役の専務が切り替えるのを忘れてしまうので、
ひっそり行って切り替えているからです。

約2時間。昔は外食産業にいたので、立ちっぱなしには慣れていましたが、
それから6年たった今、たった2時間でも足がパンパンになってしまいます。

情けないですね。。。。
 
そして地を這う白いケーブルが醸し出すアットホームな感じ。
手作り感がまた売りのいとう&フタバビジネスセミナーなのでした。

あ、写真の日付が違っていますね(笑)
直しておかなきゃ。
 

メモアプリ

たかむらです。

Simplenote(シンプルノート) その名の通りテキストデータだけに特化したメモアプリを紹介します。

iOS(iPhone/iPad)でもAndroidでも利用可能。
※Android用には「Glance Note for Simplenote」と言うアプリをGoogle Playから探してインストールします。

iPhone/iPadには標準で「メモ」と言うアプリが添付しているのですが、このSimplenoteをイチオシな理由は

スマホ・タブレットだけでなくWindowsパソコンででも同じテキストデータを読み書き・編集できること。

コレです!
アップル御謹製の「メモ」では残念ながらコレができないのです。

その上Evernoteとは違いテキストデータしか扱えないためか動作が軽いこと。

これは日常利用する道具としては欠かすことができない大きな魅力です。

使い方ですが、初めて使う場合は


に行ってSimplenoteのアカウントを作成します。
難点はメニューが英語だと言う事でしょうか。ただ機能がシンプルなだけあって操作も簡単。イマドキ気の利いた中学生なら必ず分かる平易な英語ばかりですから、恐れるに足りません。

アカウントを作成してしまえば2回目からは


からログインすればOKです。Remember MeにチェックをいれておけばIDやパスワードを聞いてくることもありません。(※これはこれで共用PCでは気を付けたいところですが。)

WindowsPC上でSimplenoteのアカウントができたら、iPhone/iPadに「Simplenote」アプリをインストールして、先程作ったアカウントでログインしておきます。

------
 
WindowsPCのSimplenoteにログインし、左上の方にある「+」をクリックして新しいメモを書いてみます。

simplenote

ここまで書いて1~2秒待ってiPhone/iPadのSimplenoteを開いて見るとアラ不思議!
iphone-simplenote

勿論、逆にiPhone/iPadでメモを書いても1~2秒でWindowsPC上のSimplenoteに反映します。

当然部分一致検索もできなきゃいけません。
iPhone-simplenote2

どうです! こんな便利なモノがタダでつかえるなんて!
やはりスマホやタブレットはクラウドサービスとセットで使わないとタダの電池の持ちの悪いケータイ電話にしかなりません。

お薦めアプリのご紹介でした。 

登録しておいた方が良いクラウドサービス

たかむらです。

スマートフォンやPCなどの活用にはクラウドサービスが欠かせません。
特にスマホやタブレットなど主にお外に出かけているときに使う機器類とオフィス内で利用するパソコンとのデータ同期・電話番号/アドレス帳などはGoogleコンタクト(Gmailの連絡先)などのクラウドサービスを利用してこそ、その性能を生かすことに繋がります。

具体的にはこんなメリットが・・・

スマホで登録したメールアドレス・ケータイ番号をオフィスのPCで確認
その逆にオフィスのPCで登録したメールアドレスをスマホで使ってメールを書く
万一スマホを紛失しても住所録のデータ自体が失われることが無い
スマホを買い換えても昔のガラケーのようにいちいちアドレス帳を引っ越す必要が無い

そんな訳で予め登録しておいた方が良いと思われるクラウドサービスを列挙してみました。勿論この他にも沢山サービスがあるでしょうけど、差し当たってこれくらい登録しておけば、モバイル機器やクラウドサービス利用で困る事は無いと思います。

逆から言うとこれらのクラウドサービスを登録しないで(特に)スマホ・タブレットを使おうと思っても、その性能を生かすことが全くできないと言っても言い過ぎじゃないかもしれません。 

------

Gmailアカウント
【用途】
Gmail利用
Android端末利用
GooglePlayでアプリ・書籍などの購入
その他沢山のGoogleの無料・有料サービスを利用

Apple ID
【用途】
iOS端末(iPhone/iPad)利用
iCloud利用
AppStoreでアプリインストール・アプリ購入
iTunesMusicStoreで音楽購入

Amazon ID
【用途】
Anazonで買い物
Kindleストアで電子ブック購入

Evernote/Dropbox/Sugarsyncアカウント
【用途】
様々なクラウドサービスでデータ交換やデータ保管として利用される
単独で利用してデータの保全

twitter/facebookアカウント
【用途】
twitterやfacebookの認証を利用しているサービスを利用するときに便利

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ