いとうクルーのブログ

株式会社いとうの社員ブログです。 長野市・上田市・松本市・南箕輪村・文京区本郷、それぞれの地域の社員が日替わりで更新します! お楽しみに(*^^)v

2014年04月

3Dプリンタ

プリンターも三次元化・・・と数年前から言われていましたが、しっかり進化しています。
うん千万円以上とか、うん百万円とかというのもあれば、20万程度のものと精度や材質などで二分化されるのでしょうか。
当社でも3Dプリンタ使用してみました。
比較的低価格のプリンターです。
出来上がりはこんな感じです。パーソナル用というか、試作品作成には十分かもしれません。
IMG_20140430_090745

作成過程はこんな感じです。
IMG_20140425_101046
パソコンでモデリングして3次元データをプリンターに送っています。

ヘッド部
IMG_20140425_101211
出来上がりの写真の奥にある巻いてある白い樹脂をヘッドにつなげ、熱で融解させ積層させています。

どこまで発展し売れていくでしょうか。

こちらもどうぞ↓
https://www.facebook.com/itoh.solution

Access2010Runtimeでのセキュリティ警告を表示させない方法

Accessを初めて使用する場合、セキュリティ警告が表示されます。
Access通常版がインストールされている場合は、プログラムの設定で表示しないようにすることは可能ですが、RunTime版ですと操作はできません。
結局、毎回警告が出ても「OK」ボタンを押せば問題なく先に進めます。
しかし、毎回は面倒ですが消すにはレジストリを操作するのが一番手っ取り早いです。
※レジストリの修正はシステム全体の動作に影響ありますので、操作を間違えるとWindowsが起動しなくなることもありますので、あくまで自己責任でお願いします。
(画面はWindows7です)
1、スタートボタンを押し、「プログラムとファイルの検索」に
 regedit
と入力し、ENTERを押します。
1

2、レジストリエディタが起動します。
2

3、HKEY_CURRENT_USER -> Software -> Microsoft -> Office ->14.0 -> Access -> Security
とクリックします。
2014-04-17_085240

2014-04-17_085423

4、Trusted Locations を右クリックし、
 新規 -> キー
とクリックします。
2014-04-17_085544

5、Trusted Locationsの下に、「新しいキー #1」と表示されます。
同じ階層に、LocationXXX (XXXは数字、下記の画像で言えばLocation2)というのがあります。
この「新しいキー #1」のところに連番で
Location3(下記の例、Location4まで既にあったらLocation5と入力)
というように入力します。
2014-04-17_085607

6、次に今入力したキー(Location3)を選択し、右ボタンをクリックし、
新規->文字列値
とクリック
2014-04-17_085639

7、「新しい値 #1」というのが作成されます。ここに
Path
と入力します。
2014-04-17_085654
2014-04-17_085716

8、入力した Pathをダブルクリックします。
2014-04-17_092135

9、値のデータにAccessのプログラムを置いた場所のパスを入力します。

※パスの確認の方法
・使用するAccessプログラムを右ボタンで選択し、プロパティをクリック。
2014-04-17_085846

・プロパテ内にある「場所:」にかかれているのがAccessプログラムの場所なので、範囲指定しコピーします。
2014-04-17_085903


10、レジストリエディターに戻り、入力すると以下のようになります。
2014-04-17_092226

11、レジストリエディターを終了します。
2014-04-17_085922

これで、セキュリティ警告がでなくなります。
他の場所にAccessのプログラムを置いた場合同じ処理を繰り返してください。
くれぐれも、
※レジストリの修正はシステム全体の動作に影響ありますので、操作を間違えるとWindowsが起動しなくなることもありますので、あくまで自己責任でお願いします。
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ